世界中から最先端の情報を取り入れ、一方で目の前にあるモノづくりの現状を知る。

鋳造現場の改善提案を柱に新しい商社のビジネスをつくる。

主たる顧客は国内の鋳造メーカー(鋳鉄・アルミ)です。鋳造にかかわるあらゆる商品やサービスを提供します。取扱商品は多岐に亘り、主要商材の球状化剤・接種剤は国内メーカーから、その他の資材・設備等は海外メーカーの製品を主に取り扱っています。また、納入した設備のメンテナンスまで自社で行っていることは、大きな差別化ポイントになっています。

鋳造技術の最先端をゆくドイツをはじめ、海外の仕入れ先とのやりとりは日常的に行われています。メール等で直接コンタクトを取りながら顧客の課題解決に役立つ商材や情報を入手して改善提案につなげます。

【主な業務内容】

1.鋳鉄・アルミダイカストの資材・副資材の販売、及び技術提案・サポート

2.鋳造用設備の販売・メンテナンス

3.新商材・新技術の開発・提案

 

1.鋳鉄およびアルミダイカストの資材・副資材の販売、及び技術提案・サポート

第一営業部・第二営業部・鋳造技術部・技術開発部

第一営業部では、創業から取り扱う『球状化剤・接種剤』は東海から東日本のお客様に提供しています。現在普及しつつあるコアードワイヤー処理のご提案やデモンストレーションも行っています。鋳造に欠かせないこれらの資材を安定供給する中で信頼関係を築き、その他多くの鋳物工場で必要とされる商品をご提供しています。カタログ掲載商品にとどまらないさまざまな相談を持ちかけられるようになれば一人前です。

技術開発部では、熱分析やシミュレーションを使用した技術提案・サポートでお客様の不良低減やコスト削減に取り組んでいます。

第二営業部では、ダイカストにかかわる資材として『固形プランジャー潤滑剤(ショットビーズ)』が会社の第2の柱となる商材にまで育ってきました。液体(油)が一般的なプランジャー潤滑剤ですが、当社では取り扱いが容易で環境面でも安全性にも優れた固形(ワックス)タイプを提案しています。同時に『固形プランジャー潤滑剤』を扱うためのショットビーズディスペンサー装置を独自開発し、お客様の環境にあわせて設置し、アフターメンテナンスまで行っています。約120社に対して400〜500台の装置を導入(2016年12月現在)していただいていますが、今も装置の設置が追いつかないほどの勢いで引き合いが増えていて、まだまだのびしろの大きな商品です。

また鋳造技術部では、ドイツメーカーの『ラウンドホールフィルタ』を柱にした鋳造方案の改善提案など、世界の先端技術を活用した技術的なサポートにも力を入れています。

work_108

2.鋳鉄用設備の販売・メンテナンス

設備部

鋳造の現場で使われる設備をお客様に提案します。100社程の顧客に対し、10万円程度の小さな設備から1億を超える大型マシンまでさまざまな設備を納入しています。なかでも、主力となるドイツのヘンシェル社『マニュピュレーター・アンドロマット』は国内で15社ほどに導入していただき、据え付けや点検・修理はもちろんのこと、ドイツと連携をとりながらの技術サポートまで行っています。営業よりも技術スタッフが多いのも特徴です。特に大型の設備はトラブルによって止まってしまうと製造工程に大きな支障をきたすので、提案型のメンテナンスで予防保全に努めています。

鋳造の現場はとても過酷で働く人にとって厳しい環境です。現場ごとに最適な設備を提案することは、生産効率を上げることはもちろん、そこで働く人たちに優しい環境をつくり出し、ひいては人材不足に悩む現場を支援することにもつながっていくやりがいのある仕事です。

3.新商材・新技術の開発・提案

開発営業部

今ニーズとしてあるものではなく、新しい商材や技術を発掘・開発して潜在的なニーズを掘り起こし、まったく新しい価値を生み出す仕事です。ヨーロッパを中心とした海外の情報を積極的に取り入れ、顧客の課題と照らし合わせながら新しい商材として市場に送り出します。

また近年では、鋳造業界のノウハウを他業界に転用することを模索しています。業界を超えたサービス展開が実現すれば、顧客の幅も広がります。まさに未来を創る仕事です。

f9d15150d307d426ec906d1be70facfe_m